自分らしく…復興までの喜怒哀楽。

風化しつつある東日本大震災の事を徒然と綴っていきます。

2009年11月

今日は…

おじちゃんの初七日。

私は仕事でお焼香に行けなかったので、朝出勤前にお線香だけあげに行ってきました。

そこのお家のお嫁さんの顔見たら、おばあちゃんの事で抑えていた感情が溢れて泣いてしまいましたが…

話しを聞いてもらえて凄く気持ちが楽になりました。

まるで自分のお姉さんのような存在に思えて、心強かったな~。。

本当に、これからますますお世話になりそうです(*^_^*)

夜、家に電話したらお医者さんの話しでは点滴で2,3日様子を見て、一度病院に入院してみてリハビリをすれば大丈夫じゃないかな~という見解だったようです。

実際点滴をしたら、ずいぶん声も出るようになって、昨日よりは元気になったよ。という事で安心しました。

生きていれば、いつかは必ず訪れるお別れということはわかっていますが…

なぜか自分の家族にはそんな事があるわけないと思ってしまうんですよね。

義母の時に思うように看病もしてあげる事ができず、苦しい思いをさせてしまった事をいまだに後悔している事がずっと心にあるからかもしれませんが…

やっぱり、おばあちゃんにはもっともっと元気でいて欲しいと願ってしまいます。

話しは変わりますが、今日は副社長の店舗巡回がありました。

これで、副社長がこのお店は利益があがりそうもないので閉店しようと一言言えば、このお店は終わりです。

でも、昨日の感じでは笑顔で帰っていったので、もう少し大丈夫かな?

お店も、実際お客さんは減っています。

不景気ですからね~。娯楽費を削るのもわかるし、地デジが入るようになったので、多分その影響もあるよね~。

CDも、今は配信でダウンロードしちゃうのでCDを借りる人も少なくなってるんですよね~。

だからと言って、何もしないわけには行きませんからね。

こんな時だからこそできるであろう事、探して頑張っていきたいな~って思います。

こんなところで立ち止まっているわけにはいきません



おばあちゃん。

私はかなりなおばあちゃん子です。

昨夜は実家から電話があり、おばあちゃんの体調が良くないと…

90歳。

大きな病気もする事もなく、元気なほうでした。

1ヶ月前に行った時には、自分で歩いていたのに、今はほぼ寝たきりという事で。。。

仕事を早めに終わらせてちょっとだけ実家に行ってきました。

ベッドに寝たままで、うつろな目をしていましたが、私の顔はすぐにわかってくれました。

ほとんどご飯を食べれないということで、声も弱々しくすっかり痩せてしまっていた姿に涙が溢れて仕方ありませんでした。

幸い、看護師をしている妹も来ていて、ちょっと座ってみようかという事でベッドの脇に座らせてみることに。。

足が軽く硬直したような感じになっていましたが、さすが看護師。

上手に起き上がらせて座らせる事ができました。

おばあちゃんも久しぶりに自分の足で感じた畳の感触が嬉しかったみたいです。

これで少し元気になってくれるといいな~。

今は、在宅看護という事で、ヘルパーさんも来てくれているようですし、お医者さんも電話をすれば24時間対応してくれているようです。

ありがたいことですね。

かかりつけのお医者さんには手術の施設がないということで、明日別の病院のお医者さんが様子を見に来て、もし自分の口から食事を取れないようなら胃に直接チューブをつなげる手術も検討しているようです。

今日は時間がなくてあまりゆっくりしてこれませんでした。

でも、おばあちゃんの使っていた枕がうちの次男が先月泊まりに行った時、忘れてきた枕だったので、

「これ、ひ孫の枕だよ。」というと、

「だからかな?夜中に寝てると、男の子に頑張れ~!頑張れ~!って言われるんだよ。」と…

帰るときに、

「また来るね。」と言うと、

「嬉しかったよ。また来てね。」と…

なんだかますます涙が止まらず。。。

帰りの車の中は泣きながらの運転で危険でした

なんとかおばあちゃんがまた少しでも生きる気力を感じてくれるように、12月は大幅にシフトを減らしてもらい、なるべく顔を見に行ってきたいと思います。

終わりました。。。。

今日、おじちゃんの葬儀が終わりました。

おじちゃんが亡くなる前数日間、凄く落ち着きがなくひどい反抗期のような次男でしたが、おじちゃんが亡くなった後、毎日おじちゃんの家に行ってる間にずいぶん落ち着きました。

もしかしたら、何かおじちゃんから教えられていたのかもしれません。

親戚づきあいは苦手と言う人も多いと思います。

私も結婚した頃はそうでした(苦笑)

でも今は、何かあるとこうやってすぐに集まってくれる親戚の事を心強く思います。

今回は我が家の子供達もお手伝いにずっと連れて行きました。

簡単なお手伝いをしたり、お料理を教えてもらったり。。

ずいぶん、可愛がってもらいました♪

それに何よりも、久しぶりに逢う、同年代の親戚の子供達。

なんの違和感もなく、楽しそうに喋って、笑って、キャーキャー言って。

子供達も楽しかったと。(お葬式なのに不謹慎かもしれませんが…(^-^;)

でも、おじちゃんも喜んでるんじゃないんかな~と勝手に思っています。

今回は私に限らず、我が家の子供達もたくさんのいろいろな事を学ばせてもらいました。

おじちゃん、最後は辛かったね。でも、安らかに安心して眠ってね。

本当に本当に、今までどうもありがとう。

そして、これからはおじちゃんの息子さんご一家にお世話になると思います。

よろしくお願いしますm(__)m

ベストヒット歌謡祭♪

旦那が5時出勤するようになって、最近のバタバタも加わりなんだかいつでも眠たいと感じる日々です


昨夜も夜はお手伝いだったので、今朝やっとベストヒット歌謡祭見ました♪

ゆずの歌声、やっぱりいいな~って思っちゃった

「虹」

悠仁君がゆずの新しい代表曲になると思っています。と言うだけあって、私も大好きです。

あの高音の伸びは厚ちゃんにしか出せないんじゃないかな~と。。。

それにしてもビックリだったのは岩手の海女さん。

可愛すぎる海女さんは私も何度かTVで見ました

今ではすっかり有名人ですね~。

でも若い人が頑張ってくれるのはとてもいいことだと思います♪

是非来年小袖海岸の新しい顔としてますます頑張って欲しいですね~(*^_^*)

それにしても…

ベストヒット歌謡祭。

ゆずの二人は初出演だったんですね~。

意外でしたが、とっても素敵でした

今年は歌番組が面白いですね(*゚▽゚*)

 

いろいろな想い。。。

おじちゃんにちゃんとお別れしてきました。


朝、お別れをしに行きながら昨日はそのまま1日お手伝い。


田舎の(都会でも同じかな?)お葬式は結構忙しいですあせる


朝から晩までキッチンにいて、3食の準備のお手伝いや、お茶を出したり。


その他諸々。


まぁ、おじちゃんから見て我が家は本家に当たるので…


なおさら忙しいと言うか、、


それでも今日は義父の病院もあり、午後は仕事。お手伝いにいけないことを昨日伝えてきたので、今日は夜お手伝いにいけたら少しだけ顔を出しに行ってこようかな~?と思ってますけどね。


前の日の元気な姿からは考えられないほどの急変で、突然逝ってしまったので驚いて慌てて駆けつけてくる方が多かったですね。


寿命は、誰にもわからない…そんな事を考えていました。


昨夜家に帰ってきて何気なく夕刊を読んでいたら、


「歳を重ねるとは、この世の事をいかに多く知ったか、できたかを語る権利を有する事ではない。むしろこの年まで生きて、いかに知らない事が多いかを自覚することではないかと思う。その自覚から再び何かに向かって歩みだす事ができる。」


という事が書いてあって、そうかもしれないな~と。。。


身近な方の死に直面すると、なぜか考えが哲学的な方向にすすみがちになってしまいます(苦笑)


まぁ、あまり難しい事は考えているわけではありませんが、やっぱり基本はこうやって毎日当たり前の朝を迎えられると言う事はありがたいと言う事。


今日という日、大袈裟に言えば1秒前の出来事だってすでに過去のこと。


そう、今日という日は二度とやってこないのだから、日々1日を大事に楽しく笑顔で過ごしていけたらいいな~と。。あらためて思ったりしています。


生きていくうえで、私の場合物欲は果てしなくあるんですが…(苦笑)


本当は絶対に必要なものって、そんなにはないんだろうな~と…


実際最近携帯を持たなくなったんですが。。。


なんとなく不安だったのは初めだけで、今はなくても気にならなくなりました。


考えてみたら私には、数年前にはなくて当たり前のものだったわけですからね。


お掃除をしっかりするようになって、たくさんの本を読んで、身近な人とのお別れがあって、全て必然であると考えるようになった私の中で私にとって本当に必要なものが見えてきたような気がします。。。


さっき書いた新聞記事の〆にはこんな言葉が…


「残された時間はその有する多寡ではない。いかに過ごしたかであると思う。それには共に生きてくれる人たちが不可欠である。」



記事検索
最新コメント

無料カウンター>
割安最新情報
無料 出会い>
激安10選!
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ